2008年12月01日

分散投資は有効か?

株式投資ではなく投資信託やETF関連のお話です。

昨年夏のサブプライムローン問題発生時もそうだったと思うのですが、最近は特に「分散投資は意味がない」的な論調が展開されることが多いと思います。

しかも、けっこう大きなメディア(ウェブサイト)でもそういう発言や記事を見かけることがあり、なんだかなあと思ってしまいます。

分散投資の有効性というのは、過去の数十年のデータから割り出した値で数学的な見地から考えられているものです。統計的に見て、複数銘柄に分散すればボラティリティが安定する、異なる資産を組み合わせれば値動きが安定するというものです。

これには時期による各資産間の相関係数の違いなどで多少の誤差が生じたり、そもそもの前提が変わっていくこともありますが、そう短期的には急変しないものです。

短期、といいましたが、今回の1・2年のできごと、あるいは半年くらいのできごとは、ある一時的なものととらえていいでしょう。それをとって、あーだこーだ騒いでもはじまりません。

この2年間を含んだ10年や20年で見れば、きっと分散効果はあったのだろうとわかる日がスグにやってくると思います。こなかったらビックリだけど。
posted by セン at 13:37 | TrackBack(0) | 管理人さんの日記

2008年08月03日

証券業界もペーパーレス

わたしは最近は書籍で株式投資や投資信託、資産運用全般のことを学ぶ機会が多くなっています。Webサイトで読むのは、ちょっと目が疲れるというか、集中できない感じなんですよね。

むかしは、以下のような用語集もけっこう読み漁っていたのですが、いまはよほどサイトデザインが良くて読みやすい工夫がされているサイトじゃないと読む気になりません。

株式用語
外国為替FX用語

なんか、ネット全盛の時代は、携帯電話が普及して公衆電話が減ったように、紙媒体が減りそうでちょっとこわい気もします。スグにはそうならないだろうけど。

でも、だとすると、それはやっぱり電子ペーパーとかの会社が買いってことかもしれませんが。どうもね。
posted by セン at 19:41 | TrackBack(0) | 管理人さんの日記

2008年07月27日

安いところで買える相場か?

もうそろそろ楽しい相場がやってこないかな〜と思っている人が多いかもしれませんが、わたしはふつうにこのまま下がり続けて欲しいなと思います。

アメリカの住宅バブル崩壊(といってもいいでしょう)は、日本のバブル崩壊とかなり重なって見えますが、その根本的な解決をなしに投機資金や流れだけで相場が作られてしまうと、あとで大きなツケを払うことになります。

それに、いま思いっきり下げてくれることで、かなり良い運用ができるかもしれないとも思います。やっぱり、ドカンと下げたところでたくさん買うことができるほうがいいですからね。

一時的にひどい相場になっても、おそらく長期的な期待収益率は変わらないはずなので、それならば安いところで買えたほうがいいですからね。

投資信託のピクテとかにかぎらず株式投信は苦労しているようですが、だからといってノーロードの投資信託などに安易に走らず、目的と本質を見極めて資産運用していきましょう。ではでは。
posted by セン at 19:45 | TrackBack(0) | 管理人さんの日記

2008年07月13日

ガソリン代が200円までいくって!?

ガソリン代がほんとうにやばいところまできている感じでしょうか。なんせ、8月には190円台もあるのではと囁かれていて、このまま原油価格が上昇を続ければ200円台もあり得るというのですからね。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080712-00000012-maip-bus_all

ガソリンスタンドは「200円は表示できない」と、電光掲示板の仕組みとかけて嘆いているところもあるようですが、たしかにわたしたちユーザーからしても、200円なんて数字、見たくないですよね。

これはもう、おちおちネットサーフィンなんてしていられない状況になってきたかもしれません。むしろ、JWキャドのダウンロードをして遊んでいるときではないというのはわかっていますが、マージャンも趣味全般もやめたほうがいいかも。

いや、まさかネットの接続代をけずるなんていう選択肢はないですけどね。
posted by セン at 13:49 | TrackBack(0) | 管理人さんの日記

2008年07月10日

景気後退と人間の進化と

グッドウィルの廃業やアメリカ・日本の景気後退入り、原油価格や資源価格の高騰、世界的なインフレ、貧乏な途上国では経済が混乱していることなど経済的な問題がいろいろ起きていますね。

わたしはいまさらながら新会社法について勉強したり、投資信託のイロハを学びなおしたりしていますが、はたしてプロでも勝てない投資の世界においてこれらがどれくらい意味があるのか疑問だったりもします。

まあ、人間は常に前進していくしかないんですけどね。回遊魚じゃないですが、やはり常に前へ前へと思考・行動していかないと、人間は生きていけないようになっていると思います。

そうでなければスゴク楽なのにな、と思うと同時に、それは素晴らしい仕組みだなとも思うのですが。こうやって景気が悪くなってくると、ちょっとネガティブな方が大きくなってきますけどね(笑)

ぼちぼちやっていきましょう。
posted by セン at 18:58 | TrackBack(0) | 管理人さんの日記

2008年07月08日

ちょこちょこ投資の知識をば

猫も杓子もなんとか・・・とはよくいったものです。日本人がそうなだけのか、それとも情報化社会になって一瞬であまねく情報が行きわたるからなのか、最近の傾向は熱しやすく冷めやすい、そしてみんなが同じ方向を向くのがより顕著になっているように感じます。

いえ、個人の話ではありません。メディアの話です。常に流行っているものを取り上げるのがそういったメディアの性質とはいえ、どうも鼻につくというかなんというかかんというか(謎)

ところで、インデックス投資用語というところでちょっと勉強しています。投資用語とうたっておきながら、あんまり言葉自体の説明がないのが特徴ですが、こういうこじんまりしたサイトのほうが簡単で早くていい気がします。自分に合っているというか。

というわけで、情報が断片的になるデメリットを受け入れながら、今後もミニサイトを当たりわるいていこうかと考えています。
posted by セン at 16:02 | TrackBack(0) | 管理人さんの日記